高専通りドッグセラピー部

 

ドッグセラピー部発足の理由

当店はただわんこをきれいにするだけではなく、

飼い主さんのペットライフに寄り添い、

ともに楽しく暮らしていくことを目指しております。

職業柄、日々とてつもないペットの癒しのパワーを感じており、

私もできるだけ長い期間ペットと暮らしたいと願っています。

しかし動物愛護の観点からも、ペットを最後まで

きちんと責任をもってお世話できない人は、飼う資格はありません。

高齢や病気を理由にペットが飼えない人々に、

ペットと触れ合える場を提供し、張り合いのある生活を送る

お手伝いができないか考えました。

私一人では叶わないことでしたが、

当店のお客様に賛同してくださる方がおり、

2018年高専通りドッグセラピー部を始めることができました。

 

私共が行うのは動物介在活動

動物介在療法=AAT

(Animal Assisted Therpy)

医学治療を目的とする補助療法として、

医療者、療法士などが動物ボランティアと協力して行う。

 

・動物介在活動=AAA

(Animal Assisted Activity)

特別な治療効果を目的とせず、病院や施設の利用者が

ペット動物と触れ合う活動。

日本で行われているのは、AAAが多い。

 

お伺いするボランティアは

ペットを大切に飼われている、

意識の高い当店の大事なお客様です

 

特にドッグセラピーについて、

訓練を受けたわけではありません。

部員さん達は常日頃から定期的な衛生管理、

予防接種をきちんとしております。

そして、皆さんお仕事をしており、

介護士さんや医療系に携わる人が多いです。

ワンちゃん同士、飼い主以外の人になれるために、

お散歩を共にしたり、定期的に集まって

ドッグセラピーの練習をしています。

今後、部員さんが増えてくることも予想されるため、

ドッグトレナーさんにレクチャーをいただく場を計画中です。

高専通りにある千の風さんで行われている、

ほっとカフェにて、月1回、交流会&勉強会をしています。

お散歩クラブ

火曜、木曜、日曜週3回

8時半リーデレカーネ出発し

高専通りを2㎞歩き、社会性を養っています。

 

 

訪問スタイル

施設に訪問するときは、ボランティアの手指消毒。

抜け毛対策として洋服の着用、粗相対策として、

おむつの着用をして伺います。

ペットも生き物であるため、100%安全とは言えませんが、

飼い主か慣れている部員1名に付き

多くて2頭の体制でセラピーを行うことにより、

事故の可能性を低くできると思います。

利用者さんに喜んでもらうのはもちろん、

職員さんにも、利用者さんと共に

充実した楽しい時間を過ごしていただきたいと考えています。

 

 

訪問日程は毎月第一水曜日と第三木曜日です。

時間帯は要相談です。

この日程で調整可能な施設さんは、お問合せください。

TEL 0426640418 ペットサロン リーデレカーネ

担当 原口

「ドッグセラピーの問い合わせ」とお伝えください。

 

ドッグセラピーの、その先を見ています。

人間誰でも、誰かに頼られたり、

何かのために動かなければならいと思えば、

生きる張り合いが生まれてくるものだと思っています。

ですからできる事ならば、かわいいペットの存在が、

生きる張り合いになってもらいたいと考えています。

少子高齢化の今、それをかなえることは難しい事でしょう。

セラピー部発足後、まだ数回訪問ですが、とても喜び、

感動してくれた利用者さんを見て、

ペットとの関りが重要な役割を果たすことを身にしみて感じました。

まずは、ドッグセラピーの安定した活動を行い、

今後高齢者や患者さんがペットと

普段から関われる仕組みを構築していきたいと考えています。

介護、医療に対しては素人ですので、

皆さんのご意見、ご提案をいただける機会がありましたら、

何卒よろしくお願いいたします。